AndisBilderwerkstatt / Pixabay

こんにちは、もち子です。

マーキングという言葉はご存知ですか?
マーキングとはそもそもどういった行為を指し示すのでしょうか?

マーキングとは、『動物が、尿やフンを使い、自分の縄張りにニオイをつける習性』のことを指しています。マーキングには、リラックス状態を表すものや、その逆に不安やストレスの表れとしてマーキングを行うこともあります。

猫でいうと爪をバリバリと研いで自分の縄張りであるということを示したり、
飼い主の足などに顔をこすり付けて、ニオイをつけ、"これは自分のお気に入りの物である"というアピールをしているそうですよ!

そして人間だって動物だもの。
女性の中にはそういったマーキング行為をしてしまう、通称"マーキング女子"なるものが存在するのです!

今回はどこにでも"自分の存在"を植え付ける、ちょっと困ったマーキング女子の生態についてご紹介します。

マーキング女子の特徴その1:独占欲が激しい

マーキング女子の好みは偏っています。
自分が心を許した相手にはとことん甘えてきます。
そして相手にも自分と同じような行動をしてほしいと望みます。

そうです、ちょっとメンヘラな部分があるんです。
彼氏でも友達でも自分が把握していないと落ち着きません。

もし自分の知らない話題が出たら、急に機嫌が悪くなったり
不安な表情になってしまいます。
もちろん、情緒は安定していません。

マーキング女子の特徴その2:自分の縄張りに入ってきたものは全力で排除

マーキング女子は新しい環境を嫌う傾向にあります。

もし自分のテリトリー(例えばお稽古ごとのグループとかのコミュニティ)に新参者が入ってきた場合
普通の人は暖かく迎え入れるのですが、
マーキング女子は新しい人物に対して激しく拒否反応をします。

自分にとって居心地のいい仲間というものが確立されていて
それ以外の人物は受け入れ難く感じているのです。

なので
『〇〇さんってちょっと裏がありそうな感じがする。』とか
『〇〇さん、あなたにだけ挨拶しなかったよ。』などの
トラブルになりそうな噂話をわざわざ周りに拡散します。

そうして新しい人物が居づらい環境を作り、やがてテリトリーから排除するのです。

マーキング女子の特徴その3:やたら自分の持っているものや経歴を自慢したがる

マーキング女子は自分の存在にどれほどの価値があるのかを確かめないと、不安になるようです。
存在価値を確認するかのように、やたらと自分の話をしたがります。

以前にこんなすごい人と付き合ったことがあるだとか
沢山の人からモテたエピソード、
などの男関係の自慢話をする人もいます。

知り合いにお金持ちの人がいて美味しい店に連れて行ってもらった、
海外旅行で素敵なホテルに泊まった、
のようなセレブ感を出したりする人もいます。

ただ、その話が本当なのか嘘なのかは誰も分かりません。
彼女の話はそこまで興味を持つ内容ではないため『またその話か・・・』聞き流されるのが日常です。

マーキング女子の特徴その4:同じ行動・物でないと不安になる

マーキング女子は他の人と同じでないと、不安になる傾向にあります。
自分だけが違ったり、自分だけが所持していないと嫌なのです。

なのでしきりに周りに休みの日の予定を確認したり、他の人と違った点はないかを調べがちです。

ちょっと厄介なマーキング女子との付き合い方

こういった特徴を持つマーキング女子、あなたの周りにいませんか?
こういったタイプとはトラブルにならないように気をつけないと厄介なことになってしまいます。

次回はこういったマーキング女子の付き合い方をシチュエーション別にご紹介していきます!
次に読む記事

おすすめの記事