nastya_gepp / Pixabay

面倒な人って
職場だったり
学校だったり
習い事のクラスだったり
ご近所だったり
どのコミュニティーにも一人はいますよね。
最初は仲良くしていたんだけど
『あれ?なんかこの人普通じゃないかも・・』
と思い始めると
色々と思い当たる点が出てきたりします。

今回は私が出会った少し面倒な人についてご紹介します。

何でも一緒じゃないと嫌な人

これは私が学生の時に仲が良かった子なんですが
とにかく"オソロ"じゃないと気が済まないんです。
まぁ持っているペンケースとか携帯のストラップくらいなら可愛いもんですが
そのこはカバンや服、使ってる化粧品まで何を使っているかを確認してきて
同じものを購入していました。
一緒じゃないと不安なんでしょうか?
それとも自分で選べないんでしょうか?

あまりに私に対する依存が激しかったので、急に距離を置くと
何をされるか分からない怖さがあったので
少しずつ少しずつ距離を置いていきました。

あまり他人に依存してくる女子は、距離を置く時に
トラブルになる可能性があるので要注意です!

他の人を悪く行って自分を優位に立たせる人

お稽古ごとのグループに新しくAさんという人が入ってきました。
Aさんはとても人当たりがよくニコニコしているので
とても好印象でした。
しかし、しばらくすると同じグループの人から
Aさんが
『〇〇さん(←私)が、私に意地悪なことしてくるんです〜!』
って言ってたんだけど、本当?!
と言われました。
私はAさんのことが好きだったしそんな事するわけないのに・・・

結局その疑いは晴れ、Aさんは居づらくなりお稽古ごとを辞めることになりました。

もしそれを他の人から聞かされていなかったら、私はずっと"隠れて意地悪をする人"
という風に思われ続けていたんですから
怖いですよね・・
おそらくAさんは今まで自分にとって邪魔な存在の人をそういったやり方で
排除してきたんでしょうね。
今後もAさんは人の悪口をあることないこと言いながらどこかで生息しているんでしょう。

自分が会話の中心じゃないと機嫌が悪くなる人

このタイプの人は、悪気がない分、ちょっと厄介ですね。
全てが自分の話がメインになっていないと分かりやすく
ブスッとした顔になり、周りの気を遣わせます。

他の人が話しているのに急に横取りしてきて
『私はね〜』『私もそういえば』
と強引に被せてきて、話題をかっさらっていきます。
まぁだんまりされるよりはお喋りな方が場が賑やかになるので
良いのかもしれませんが、
こういうタイプの人に限って
会話がおもんない
オチがない

のが特徴です。
せめて、人の話を遮ってまでするんだったら
面白い話か、それ以上にみんなが関心を引く話題であれ・・・
と思ってしまいます。

もし思い当たる人は、面白い話をいくつか用意しておくと良いかもしれません!

空気を凍らせる人

会話の中で急に
『今なんでそんな事言うの!?』
と、周りをヒヤヒヤさせるような人、たまに見かけます。

以前に行った合コンで
私が男性陣に職業を聞いた時
公務員で市役所で働いています!
といった男性に向かって
『公務員??そんな毎日毎日おなじことやって楽しいの?』
とある女の子が放った一言に
周りが凍りつきました。
なんでその子が初対面の人に向かってそんな失礼なことを言ったのかも謎ですし
公務員イコールやりがいがないとか、同じことの繰り返しとか
勝手に決めつけるとかも
とにかくツッコミどころ満載な一言でした。

・・・その後の合コンがお通夜みたいにチーン
となったのは言うまでもありません・・・

そしてそれ以来その女の子は合コンには誘っていません。

会話やLINEの内容が重い人

とても真面目な子なんですが
話す会話やLINEでのやりとりが全体的に重い・・・
そしてLINEは長文・・
特に恋愛とか人生についての相談となると
やりとりが終わらないんです。
だいたいLINEが送られてきたらかなりスクロールしないと終わりが見えない状態。
それ、私も同じボリュームで返信しないといけないの?
ってなると返信するのが億劫になってしまいます。
そして出来るだけその子とは深く関わるのはやめようかな・・となってしまうんです。

何事にも一所懸命なのはいいんですが
少し空気を抜かないと生きにくくないのかなぁ?
と思ってしまいます。

面倒な人と関わらないために

結構面倒な人ってどこにも一人はいるので
全く関わりなくして生活するのは不可能だと思います。
そのために自分の好きな趣味を諦めたり
転職したりするのも馬鹿らしいですしね。

でもその人がどういったタイプの人で
その人との距離のとり方とか
話す時に少し注意するだけでも
関係が変わってくると思います。

そのためにも『自分の周りに面倒な人はいないか』
チェックしていくことは、生きる上で大切ですね!

おすすめの記事