Free-Photos / Pixabay

私は一人暮らしで猫を飼っています。
猫を飼う前に、
ペットを飼う前の準備とか、心構えとか、最後まで責任を持って看取らないといけないとか
そういった類のブログとか本とか、買っている人の話とかを散々聞いたり読んだりして
実際に"猫との生活"がどうようなものなのか、シミュレーションしてきました。

そして、ある程度想像した上で『よし!一緒に暮らすぞ!』という覚悟を持って猫を引き取りにいったのです。

・・・しかし想定外と言いますか、どの情報にも載っていなかった不測の事態が起こったのです。

今回は、私がペットを飼う前に考えきれていなかったことについてお伝えしたいと思います。
もしあなたが現在一人暮らしで、更にペットを飼いたいと思っているなら、是非こちらも考えてから決めるようにして下さい。

ペットを飼う前に準備していたことや心構え

まず、ペットを飼うと、自分の時間が少なくなります。というか、家にいる時はほとんど自分の時間はありません。
朝はペットの朝ごはんの時間に起き、1日2〜3回ご飯をあげて、犬なら散歩に連れて行ってあげないとけません。



そして生活リズムがペット中心になります。
これまで誘われると二つ返事で行っていた飲み会等の誘いも
3回に1回くらいはペットとのふれあいの時間に充ててあげたほうが良いでしょう。
もちろん旅行にも行きにくくなります。
あなたには色々な友達がいますが、ペットの生活の中心はあなただけなのですからね。

まあこのようなことは、もっと丁寧に他のブログでも書かれているので
そちらを参考にしていただければいいかと思われます。
参考
犬を飼う前に読んでほしい「12個の飼い主適正チェック」
【覚悟と責任】猫を飼う前に読んでほしい『7つの苦労』とは?

私はこういった記事をたくさん読んで勉強していたので下準備はバッチリのつもりでした。

猫を飼ったよ!と彼に報告した反応

猫を飼った時、会社の人や習い事の仲間や昔からの友達にも報告しました。
みんな、猫の写真や動画を見て、可愛いね、私も猫飼いたい、と喜んでくれていました。
(・・・でも私はみんなの一瞬、『ついにもち子は結婚諦めたか・・』みたいな曇った表情を見逃さなかったぞ!)

実は、その時私には少し気になる人がいたのですが、その人にも猫を飼ったことを報告したのです。
その彼は昔猫を飼っていたと言っていたし、きっと喜んでくれるはずです。
少しもじもじしながら、『実は・・・最近猫を飼ったんだ。』
彼:『え・・・・・・(少しの沈黙の後)へぇ。そうなんだ。』
その時の彼の表情が、なんとも言い表せないような、微妙な顔だったのです。

あれ?なんか機嫌が悪い?すごい複雑な顔している。なんで?
猫嫌いとか言ってなかったのに、なんで??

私は少し胸がつかえるような感情を持ちました。
何が彼をそのような反応にさせてしまったのでしょうか。

なぜ彼は不機嫌になったのか

その一件があって以来、しばらく彼からの連絡が途絶えてしまいました。
今まで頻繁に連絡を取り合っていたのに、急に連絡が来なくなったのです。

私には何のことやら分かりません。パニックです。

何がいけなかったのか、よく分からずにモヤモヤした気持ちを抱えたまま数ヶ月が経過。
なんと、久しぶりに彼と話す機会がありました。

その時に思い切って、"なぜ音沙汰がなくなったのか"聞いてみることにしました。
原因がわからないままだとスッキリせずに、次に進めない性分なのです。

彼は少し気まずそうにこう言いました。
『もしもち子さんと付き合って、そのまま結婚した時に、猫のいる生活というのが想像できなくて・・・
もち子さんが僕に相談なく猫を飼ったのも、少しさみしく感じたんだ。』

それを聞いて
あー、なるほどな、と納得がいった気がしました。

ペットとの将来を自分本位でしか考えられていなかった

彼は猫は好きだとは言っていましたが、猫との生活は想像できなかったんですね。
それを私が勝手に"ネコ好き=猫と一緒に暮らすのOK"と勝手に自分の都合のいいように解釈していた訳です。
しかも、独断で猫を飼うことを決めて!こいつ、ちょっとは相談してくれてもいいのに!可愛くない女だな!
と言ったところでしょうか。

完全にやっちまいましたね、私。反省です。

まぁそうなった所で時すでに遅しですが。
結局彼に相談した所で私の気持ちは変わっていなかったと思いますし、彼とはライフスタイルが合わなかったということですね。
それが分かっただけで少しはスッキリしました。

一人暮らし女子がペットを飼うということは、いつかライフスタイルも変化することを忘れないで

今は自分とペットだけの問題であっても、
将来結婚したり、実家に戻ったりと少なくとも10年の内であなたのライフスタイルが大きく変化する可能性は高いでしょう。

そうなった時も、同居する相手がペットを受け入れてくれるか?ということも想定しないといけません。
良いなと思った人とペットの相性が悪いことが原因で別れに繋がったケースも聞いたことがあります。

そうなる可能性も考慮して、ペットを飼う責任や覚悟を持たないといけないな、と勉強になったお話でした。

まぁ、うちの猫を否定するような男なんて、こちらから願い下げですけどね!!

おすすめの記事