Free-Photos / Pixabay

以前にも私、もち子が猫を飼った、ということを以前の記事でご紹介したのですが

実際に猫と暮らす前と、一緒に暮らしている時で、暮らしぶりは想像以上に変化します。

小さい頃猫を飼っていたのである程度の知識はあったつもりですが、
やはり自分ひとりで・・となると全然かかってくる責任というものが違います。
一緒に暮らし始めた当初はなかなか慣れずによく失敗ばかりしていました。
未だに新たな発見や悩みもどんどん出てきます。

今回は猫を飼って、私の生活が激変したことをご紹介します。

猫を飼おうと思っている方は、ぜひこちらの記事を猫を飼う前に読んで見て下さい。
それを踏まえた上で飼うか、飼わないかの選択をしていただければと思います。

その1:おしゃれなインテリアより猫にとって優しい空間づくりを優先

猫を飼う前
装飾のついた置物や、毛足の長いラグ、壁には絵を飾ったりしていた。
自分がいいなと思ったものや、部屋のインテリアと調和しそうなアイテムを選んでいた。

猫と暮らすと

猫が怪我しそうなものや、誤飲してしまうような細かいインテリアは全てしまうか捨てる。
ラグは猫の毛を簡単に掃除しやすい短めの毛足の、猫の毛が目立ちにくいタイプを選択。
床は滑りにくいクッションシートをひく。
爪とぎや猫用のベッドをあちらこちらに設置する。
お留守番用のケージを設置する。(ワンルームに置くには圧迫感が高いのだ・・・)
これまた圧迫感が高いキャットタワーがそびえ立つ。

もうインテリアなんてどうでもいいから猫が快適に過ごせるように、と基準が変わります。

これだけしても思った場所で爪をといでくれなかったり(お気に入りの場所があるみたいです)
ベッドで寝てくれなかったりするのですが、こればかりは猫の好みがあるようなので仕方ないですね。
私も何個ベッドを捨てたことか・・・涙

消臭剤や芳香剤は猫が嫌がらないニオイのものをチョイスするようなった

猫を飼う前
自分の好きな香りのアロマオイルや芳香剤
凝っていた時は数種類のアロマオイルをブレンドして使っていたことも・・・

猫と暮らすと
アロマの中には猫に有害なものや嫌がるもあるので全て破棄。
猫のトイレまわりに無香料の消臭剤(香りがあるものだと猫のニオイと混じってしまうので)

今は去勢したのでおしっこのニオイは落ち着いてきたのですが、
去勢前のマーキングのスプレーがビックリするくらいすごいニオイで
洗ってもニオイが消えず
部屋のカーペットから椅子から全て入れ替えました・・・涙

その2:自分の睡眠時間は猫が寝ている間に確保せよ!

猫を飼う前
そろそろ遅いし寝ようかな、と自分が眠たいタイミングで寝れる。
猫と暮らすと
夜中に突如始まる運動会。決まって一番深い眠りのタイミングで・・・
朝は5時に枕元に現れ、顔パンチの目覚まし。
私が遊んでほしい時には猫は眠いから知らん顔。

でも可愛い寝顔を見ると、『ま、いっか、少々寝不足でも。』となっちゃいます。

その3:玄関を開けたらまず自分のことより猫のこと優先

猫を飼う前
まず帰ってから部屋着に着替えて、お気に入りのソファーの上でビールを飲みながらメイクを落とす。
そのままテレビを見ながら知らない間に寝落ちしてしまう・・・

猫と暮らすと
帰るとまず玄関に待ち構えているので
ご飯をあげて、トイレのチェックをして、
そのあと気が済むまで一緒に遊ぶ。
その後残りの時間で自分のことをやる。

自分の優先順位は完全に猫より下位ですね・・・

その4:部屋での会話が多くなった

猫を飼う前
『よっこらしょ』『やばいやばい』等の独り言をたまに発するのみ
猫と暮らすと
ものすごく会話の量が増えました。
猫が私の言っていることが分かっているのかどうかは不明ですが
人間に話しかけるレベルで会話しています。

特にうちの猫は訴えかけるように鳴くので
『そうだねぇ』『なるほどねぇ』と相づちを打つようにしています。
会話が成立しているのかは分かりませんが、猫と会話するのは楽しいものですよ。

その5:忍耐力がつくようになる

猫を飼う前
もとの性格が短気なので何事にも基本的に怒りやすかった。
猫と暮らすと
ゴミ箱は倒すものである、1日10回位倒す、もどす、倒す、もどす、倒す・・・の無限ループ
網戸は登るものである、登る、下ろす、登る、下ろす、登る、下ろす・・・の無限ループ
化粧をしていると絶対に見に来る。そして全てのものをテーブルの下に落としていく
ペットボトルの蓋は絶対に見つからない
ベッドを用意しているのになぜ黒いセーターの上で寝るのだ

こういった日常が続くと短気な自分も自然に忍耐力が鍛えられるんですね!
本当に感謝しかありません!!

猫を飼う前にあなたの生活がどう変化するのかをチェック

きっといまご紹介した以上に猫との生活は刺激的であります。
良いことも悪いこともありますが、私にとっては悪いことも良いことに含まれているので
結果的にいいもんだなぁ・・・と思っています。

もちろん動物を飼うことには多くの責任を負わなければなりません。
犬より飼いやすいと言われてはいますが実際には多くの苦労もあります。
その際には安易に決めずに、しっかりと向き合って決断をしてくださいね。



おすすめの記事