Alexas_Fotos / Pixabay

30代半ばになって変わったこと。

見た目ももちろんなんですが、昔はできていたことが出来なくなった
ということが大きいかなと思います。
例えば
朝までオール、(昔はそのまま仕事や学校に行けたのに今は無理)
全速力で走る、(気持ちは走りたいのに足がもつれてこける)
露出の高い服を着る
・・・などなど。
色々と出てきますが、もうこの年だと、若さでカバー!という無敵の力を使えなくなってしまったので
出来ないことがどんどん増えてきたなぁと思う今日この頃。

でもたまにいますよね。30代半ばでも20代と同じような感覚を持っている人。
でも指摘したら拗ねたりキレたりされると面倒だからそのまま放置されているっていう。

今回はそういったいつまでも20代気分を抜けきれない、30代女子のタイプをご紹介します。

服装が20代のブランドのまま

昔合コンで着ていた勝負服、今着てみても本当にそれで勝負できると思っていますか?
体型も肌や髪の艶も衰えつつある三十代が、ツインニットにレースのミニスカート
もしくはヒラヒラの愛されワンピースが似合うでしょうか?

20代に着ていた服は『高かったし・・』とか言ってないで潔く断捨離するか
メルカリなどのフリマアプリで本当に似合う人に購入してもらって下さい。
その服が似合う時は二度とありませんから。

おごってもらって当たり前だと思っている

昔は男性とご飯に行ってもよくご馳走してもらえたかも知れませんが
30代半ばの女には世間はそんなに甘くありません。
おごってもらって当然のように振る舞っていてはだれもご飯に誘ってはくれません。
おごってもらえるほど男性を楽しませることができるんでしょうか?
それともみんなが振り返るような美貌を持っているのでしょうか?

その努力もしていないのにお金を払わないのはマナー違反です。

すぐに甘えるクセが抜けきれていない

会社でわからないことがあった場合に
『分からない〜助けて!』と何でも頼ったり
誰かをすぐに頼れば助けてくれるだろう、という期待はしないほうがいいです。
20代の頃はすぐに助けてくれても、今では『面倒くさい女だな』と思われるだけです。
もういい年なんですから、いい加減自分でやる習慣をつけましょう。
そのほうが頼れる、かっこいい女だと思われて自分の株も上がりますよ!

若い世代の流行についていこうと必死

若い世代の流行、30代・40代の流行・・
と年齢にあった流行があります。
いつまでも最新の10代20代の中で流行っているものに飛びつかないようにしましょう。
確か若い世代の方がカッコいい流行りものが多いイメージがありますが
無理をしてついていって、息切れするほうがよっぽどかっこ悪いです。

それに、30代には30代の良さがあるのでそれを楽しんだほうが
心から楽しめるのではないでしょうか?

おばさんと言われると本気でスネる

冗談でも『おばさんだなぁ』と言われると
本気でスネてしまって雰囲気を悪くしたりしていませんか?
そう言われても『そうそう、もうおばさんになったのかもね』と余裕のある発言をして
受け入れている方がスマートじゃないでしょうか?

いい加減そのつまらないやり取り自体やめましょう。

過去の栄光が忘れられない

たまに『私も昔は・・・』と延々一番自分が輝いていた頃の自慢話をする人、いますよね。
聞かされている方は『知らんがな、いつの話やねん!』と心の中でツッコミを入れているでしょう。
そんな昔話誰も興味はないし、聞きたくないので二度と話さないで欲しいものです。

セルフチェックしてみて。思い当たること、ありませんか?

私も自分自身の戒めと思いながらこの記事を書いています。
誰もこういった指摘をしてくれる人はほとんどいないでしょう。
だってメリットが無いから。
なので自分で気付くしかないんです!!
そのまま歳を重ねていったらますますこじらせてしまう恐れがあるので(たまにいますよね、こじらせてる人)
今のうちに意識して改善するように心がけてみましょう!

おすすめの記事