AdinaVoicu / Pixabay

マーキング女子の生態を以前の記事でご紹介しました!

こういうタイプの女性って存在しているだけで、ちょっと面倒なんですよね。

でも更に面倒になるのが
"マーキング女子が同グループの中で気になる男子がいる"パターンなんですよ!
必死で自分の存在をアピールしてくるから、行動がいちいち鼻につくんです。

女性に対して"この男は私のもんだから手を出すんじゃないぞ!"という無言の訴えがマーキングから滲み出ちゃってるんですよね。
さて、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

実際に私が目撃した、マーキング女子の行動をご紹介したいと思います。

マーキング女子の生態1:自宅に自分の所有物を置いていく

気になる彼の自宅でみんな集まってのホームパーティ。
ここはマーキング女子の張り切りポイントが満載ですね!

 マーキング女子のマキ子ちゃんは、エプロン持参で料理を率先して作ります。
そこは張り切っていただいて全然いいんですが、ホームパーティが終わったあとに、

マキ子
またここで料理作ることもあるから、エプロン置いて帰るねっ!

そう言ってマキ子ちゃんはスッとキッチンの棚に自分のエプロンをしまい込みました。

これで、もしその家に他の女子が来て、キッチンを使うことがあっても
その女子がマキ子ちゃんのエプロンを見つけると
『私以外に料理を作ってくれる子がいるんだ・・・』と思っちゃうわけですね。

ポイントはいかにも女性が着けそうなかわいい柄を選ぶことです。
『絶対にこんな柄は男が買うはずない、他の女のものだ。』と、他の女子に思わせることですね。

ちなみにマキ子ちゃんは、『また次に使うから・・・』と、
調味料(男が買いそうにないスパイス類)などもちゃっかり置いて帰っていました。

マーキング女子の生態2:忘れ物しちゃった作戦

同じくみんな集まって気になる彼の家で遊んだ帰り道。
みんなで帰ろうと駅まで向かっていた時にマキ子ちゃんが急に言った一言。

マキ子
あ、いっけない!忘れ物しちゃったから取りに帰るね!
みんなは気にせずに先に帰って大丈夫だから。

今回のポイントはと言いますと
忘れ物をはわざとしたということですね!
もしかしたら、忘れ物なんてしていないのかも知れません。
でもいいんです、そんなのはどっちでも。
マキ子ちゃんは他の人に
『ん?!この二人ってもしかして・・・何かあやしいな。』と思わせたいだけなのですから。

一回だけだったら、特に何とも思わなくても
その行動が二回、三回と続いたらどうでしょうか?
『何か、いっつも家に戻ってるな〜、あやしいな。』と思っちゃいますよね。
記憶に嫌でも残っちゃいますよね。
なのでマーキング女子は、トイレに行きたいとか、スマホ置いてきたかも、とか
何かと用事を見つけては彼の自宅に戻ろうとします。

マーキング女子の生態3:彼の友達や家族に取り入る

マーキング女子は"彼が一番何を大切にしているか"を察知するのが得意です。
友達を大事にしている人だったら、彼の友達が集まる場に入っていったり
家族と仲のいい彼だったら、彼の家族と仲良ることを最優先に考えて行動します。

そうして彼のテリトリーに侵入していき、徐々に周りを固めていくのです。

マーキング女子の生態4:彼が行くイベントには必ず出席する

マーキング女子は彼が参加するイベントは、自分が全く知らない人ばかりの
完全にアウェイの場でさえも、必ずついていきます。
そしてすまし顔で当たり前のように参加しています。

他の人から『あの人、誰?』と思われても、言われてもお構いなしです。

むしろそう思われるのは大歓迎です。
『こんなに関係ない所にまでついて来てるんだから、きっと彼の彼女なんだな。』
と思われる為にわざわざ行きたくないアウェイな場に来ているんですから。

マーキング女子は、場の気まずささえも、武器にしてしまうのです!

マーキング女子の生態5:本人が選ばなさそうなものをプレゼントする

マーキング女子はプレゼントをするのが大好きです。
でも貢いでるのか?というと、ちょっと違います。
彼の家にお邪魔するたびに、ちょっとした贈り物を持参してきます。

男性が自分で絶対に購入しそうにないようなもの・・・
例えばもこもこのスリッパ、かわいい系の男性用ルームウェア、いい匂いの消臭剤、ボディクリームなど
部屋に置くものなおかつ、彼が捨てるに捨てられないプレゼントを絶妙なチョイスで贈ってきます。

そして徐々に彼の自宅を自分の贈り物で侵食していくのです。

マーキング女子の行動を注意深くチェックしよう

いかがでしたでしょうか?
あなたの周りにマーキング女子のマキ子ちゃんはいませんか?
知らず知らずの間にあなたの脳裏に彼とマキ子ちゃんの印象を入れられているかも知れません。

思い当たる女性がいるなら、彼女の行動を注意深く観察してみてください。
きっと"どうやってマーキングしようか"を考えながら息を潜めているはずですから・・・・
こちらもどうぞ

おすすめの記事